気になった法律

法律に対する感想を書いています

サイバー補導と不意打ち

 インターネット上で援助交際を持ち掛ける少女に、身分を隠した警察官が接触を図る「サイバー補導」をきっかけに、佐賀署は3日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、多久市の建設作業員(24)を逮捕した。サイバー補導を端緒にした佐賀県警による摘発は初めて。

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/accident/news/20161004/2468968

サイバー補導は確かに補導を目的とするのでしょうが、少年にとっては不意打ちにはなるでしょう。おとり捜査的で、合法性に問題はないとは思いますが、「だます」ことへのフォローが必要に思います。

IPアドレスなどから援助交際をしようとしている少年を特定するよりも、実際に会うことで特定したほうが、確実なのは確かなのでしょう。