気になった法律

法律に対する感想を書いています

他人の前で酔う怖さ

  女性に集団で性的暴行をしたとして、千葉県警捜査1課が21日、千葉大医学部の男子学生3人を集団強姦(ごうかん)容疑で逮捕したことが捜査関係者への取材で分かった。

 関係者によると、男子学生はいずれも20代で、千葉県内で女子大生に3人で性的暴行をした疑いが持たれている。男子学生らが酒に酔っていた可能性があり、県警は当時の状況を詳しく調べる方針だ。

 慶応大では9月、未成年者への飲酒をあおるなどの行為があったとして学生団体「広告学研究会」が大学側から解散を命じられた。この問題を巡っては研究会メンバーから飲酒させられ集団で性的暴行を受けたとして、10代の女子学生が神奈川県警に相談し、同県警が捜査を進めている。

 

 また、今月21日には近畿大の学生(22)らが20代女性に飲食店で大量にシャンパンを飲ませて意識不明の状態に陥らせ、わいせつな行為をしたとして準強制わいせつ容疑で大阪府警に逮捕された。

http://mainichi.jp/articles/20161122/k00/00m/040/141000c

 最近の報道が目立つ印象を持ちますが、おそらく古くから同様の事件はあったのでしょう。

報道されている内容を見ますと、酒あるいは薬物等がからんでいる事案が多いようです。飲み慣れない者にとっては、一般の酒が意識を失うに十分な力を持っていますから、薬物にはあまり注目すべきでないように思います。

他人の前で意識を酔うことの意味や怖さについて、啓蒙されるべきと考えています。